2019.09.06pickup01

8日に萩まつりと筆供養

七百石町の岩王寺

習字作品展も

昔ながらの「かやぶきの山寺」の風情が残る七百石町の真言宗岩王寺(松井真海住職)で8日、恒例の「萩まつり」と「筆供養」が執り行われる。シカの食害による全滅から一昨年、市民の手によって復活した「ハギ園」のハギは今、人の背丈ほどにも成長。ごく一部の品種は既に花を付けている。当日は様々なイベントなども計画されており、多くの市民の来場を呼びかけている。
品種によっては既に花を付けているハギも(七百石町で、4日写す)

※詳細は紙面で。



2019.09.06pickup02

力いっぱい最高の体育祭

綾高祭の最終日を飾る

「綾高祭」の最後を締めくくる体育祭が5日、岡町の綾部高校の四尾山キャンパス(本校)で行われた。朝から多くの保護者らが見守る中、生徒たちは競技や集団演技に全力で取り組んだ。
力いっぱいの演技を披露する青集団の生徒たち(いずれも岡町で)

※詳細は紙面で。



2019.09.04pickup01

知足院夢覚の生家跡に

龍馬ゆかりの石碑完成

お龍の実母ら岡町に身寄せた事実を記す

写真付きの解説板も

市が誇る幕末の史跡に

岡町にある知足院夢覚(綾部市出身の書家で僧侶)の生家跡で1日、「知足院夢覚生家 加藤家旧蹟碑」の除幕式が行われた。坂本龍馬の妻・お龍の実母と弟が身を寄せたとされる場所で、建立したNPO法人・京都歴史地理同考会(中村武生理事長)の関係者らは龍馬とゆかりのある石柱碑と解説板の完成を喜んだ。
完成を喜ぶ加藤洋一さん(中央)ら関係者=岡町で

※詳細は紙面で。



2019.09.04pickup02

第30回作業所まつり

ゲストのクラウン劇にぎわう

本社後援

飲食ブースも完売の盛況ぶり

「40、50回と続けたい」

障害のある人たちと市民の交流の場、作業所への理解を深める場として第30回の節目を迎えた「作業所まつり」(あやべ市民新聞社など後援)が8月31日、物部町のあやべ作業所周辺で開かれ、例年以上の多くの人出でにぎわった。
「土曜日の天使達」のクラウン劇は、来場者も一体となったダンスで盛り上がった(物部町で)

※詳細は紙面で。



2019.09.02pickup01

ここらへんの自慢 移住者インタビュー

今回の「ここらへん」は 星原町

魅力的な教育が移住の鍵にも

宮城県石巻市から移住
ちーびす推進員 沼田もえさん

移住者インタビュー
沼田さん。夫と2人の娘との4人暮らし(星原町で)

※詳細は紙面で。



2019.09.02pickup02

バナナのようなナス

五泉町の中島さんビックリ

バナナのようにも見える4本のナス(五泉町で)
バナナのようにも見える4本のナス(五泉町で)

※詳細は紙面で。



« 前のページ