2019.09.20pickup01

道光庵で飲食物販売しませんか

あやべグンゼスクエア

「秋のバラまつり」期間中の日曜限定

10月3日まで事業者募集

道光庵は今月から飲食物の持ち込み解禁

使用料は1日当たり2千円

グンゼが創業120周年記念事業の一環として2016年に青野町に整備した和風建築物「道光庵(どうこうあん)」(あやべグンゼスクエア内)。オープン以来、飲食物の持ち込みは原則禁止されていたが、今年に入ってお菓子などの一部の食べ物を解禁したほか、今月からはお弁当といったものの持ち込みもOKとした。背景にあるのは「お昼ごはんを食べる場所がほしい」という来場者の声。更に「秋のバラまつり」に併せて10月20日から11月10日までの日曜限定で飲食の販売をしてもらえる事業者の募集を始めている。  
明治、大正期の趣を残す道光庵の内部(青野町で)

※詳細は紙面で。



2019.09.20pickup02

21日から「秋の全国交通安全運動」

市内6カ所で街頭啓発

「秋の夕暮れ 早めのライトで 事故はなし」を運動スローガンにして21日から、「秋の全国交通安全運動」が始まる。前日となる20日早朝には、市内6カ所の交差点で街頭啓発が行われ、ドライバーらに安全運転が呼びかけられた。
綾部高校書道部が作成した横断幕を掲げドライバーに交通安全を呼びかける関係者たち(20日午前7時40分ごろ、駅前通で)

※詳細は紙面で。



2019.09.18pickup01

大嘗祭に供える米収穫

五穀豊穣、社会の安寧祈願

府神社庁綾部支部が抜穂祭

大島町内の田が「奉祝田」の一つに

新天皇即位に伴い11月に行われる祭祀「大嘗祭(だいじょうさい)」の際、「主基殿(すきでん)」と呼ばれる神殿に供える米を収穫する「奉祝田(ほうしゅくでん)」の一つに選ばれた大島町内の田で14日、府神社庁綾部支部(大島基支部長)による「抜穂祭(ぬきほさい)」が執り行われ、黄金色に実った初穂を収穫する神事を通して、五穀豊穣や社会の安寧が祈願された。
抜穂の儀で奉祝田から初穂を収穫する大島支部長ら(大島町で)

※詳細は紙面で。



2019.09.18pickup02

地域のため知恵と経験を拝借したい

奥・中上林が合同で敬老会

昨年から中上林と奥上林の両地区が合同で開いている「上林地区敬老会」(奥と中の両地域振興協議会主催)が15日、140人の高齢者が出席して八津合町の上林小中一貫校体育館で催された。
山﨑副市長(左)から88歳の米寿の祝いを受ける代表の3人=八津合町で

※詳細は紙面で。



2019.09.16pickup01

災害復旧で歳出抑制
市の2018(平成30)年度決算
病院事業会計は3年ぶり黒字に

2018(平成30年)度の一般会計と特別会計の決算収支の状況
2018(平成30)年度の公営企業会計の決算収支の状況

※詳細は紙面で。



2019.09.16pickup02

「綾部産」の桜に命名を
東京・西日暮里の諏方神社に5本
10年前に植樹
学生時代の親友の絆 広小路の梅原さんが募集

※詳細は紙面で。



2019.09.13pickup01

市会記者席 9月市会一般質問から(1)

図書館 ホール ホテル

綾部駅北に複合施設構想

市がプロジェクトチーム立ち上げ

市民の了承など前提条件に

JR綾部駅北側の北部産業創造センター隣接地に、図書館とコンベンションホール(大規模多目的ホール)、ホテルの3つの機能を持った新たな複合施設を建設する構想があることを山崎善也市長が11日、9月市会一般質問の安藤和明市議の質問に答える形で明らかにした。規模や時期などについては今後、関係者と調整しながら検討していくとしている。    
北部産業創造センター西側の用地(青野町で)=同センターからパノラマ撮影

※詳細は紙面で。



2019.09.13pickup02

市が綾高生と意見交換会

10年後の綾部が良くなるには?

総合計画策定へ意見集約

京産大の学生や若手の市職員も

来年度に策定予定の第6次市総合計画(計画期間=2021~2030年度)に高校生の意見を反映させようと、市は11日、岡町の綾部高校四尾山キャンパス(本校)を訪れ、市が包括連携協定を結んでいる京都産業大学と連携して生徒らとの意見交換会を開いた。 
10年後の綾部をテーマにアイデアを出し合う綾高生や京産大生ら(岡町で)

※詳細は紙面で。



2019.09.11pickup01

あやべ四季彩々

行合の空

関東を直撃した台風が運んできた温かい空気が流れ込んだのか、真夏のような暑さが数日続いた10日、以久田橋の栗町側のたもとからふと空を見上げると、低い所にある「夏の雲」と、高い所にある「秋の雲」が同居していた。二つの季節が行き交う空で「行合(ゆきあい)の空」というらしい。
空では夏の雲と秋の雲が同居している(栗町から位田町方面を写す)

※詳細は紙面で。



2019.09.11pickup02

団を超えて楽しい汗

市スポーツ少年団交流大会

クロスローと大縄跳びに挑戦

市スポーツ少年団(白波瀬清孝本部長、18団)の第41回「全団交流大会」(府と市のスポーツ少年団・市スポーツ協会主催)が8日、上杉町の市総合運動公園体育館で開かれた。
大縄跳びに挑戦する選手たち(上杉町で)

※詳細は紙面で。



次のページ »