2018.04.30pickup01

予約手続きを一元化

市内の農家民宿

市観光協会が工忠照幸さんと共同で

宿泊観光増に期待

訪日外国人にも対応

予約手続きを一元化

市観光協会のホームページで紹介されている市内の農家民宿

※詳細は紙面で
市観光協会のホームページは次の通り。http://www.ayabe-kankou.net/



2018.04.30pickup02

ふらっしゅニュース

好天に人出ドッと

丹の国まつり、花壇展、花まつり…

丹の国まつり

綾部青年会議所の三輪車レース。14チーム出場し、タイムトライアルで予選と決勝レースを展開した(西町1丁目で)

※詳細は紙面で



2018.04.27pickup01

市戦没者遺族会

青年部を設立

府内市町村で初

初代部長に梅原哲史さん

市戦没者遺族会(森井士郎会長)は23日、並松町の料理旅館・ふしみやで平成29年度定期総会を開き、新たに青年部を設立することを決議した。府内の市町村単位では綾部が初の青年部誕生となり、初代の青年部長には梅原哲史さん(50)=中ノ町3丁目=が就任した。

総会で青年部について話す梅原さん(左端)=並松町で

※詳細は紙面で。



2018.04.27pickup02

新宮町のコワーキングスペースで5月20、21日にイベント

地域活性化や楽しい仕事づくり考えよう

独立して働く個人が、互いのアイデアや情報を交換し合うことで仕事の質を高めることのできる場所として近年、全国的に広がりを見せている「コワーキングスペース」。市内では新宮町の旧綾部カトリック教会(HARASHOマルシェ)内に「綾部コワーキング新宮」としてこのほど誕生した。ここの副管理人をしている草刈正年さん(37)=西方町=は5月20日、同所で「シャルソン創始者から学ぶ、小さな町から世界に仲間を広げるソーシャルネットワーク力」と銘打った催しを開くことから参加者を募集している。 

全国でも恐らくここだけという、元教会の建物1棟がまるまるコワーキングスペースになっている(新宮町で)

※詳細は紙面で。



2018.04.25pickup01

悲願の公民館新築

夕陽ケ丘自治会

喜びの落成式

知恵出し合い有効活用を 井東会長

夕陽ケ丘自治会(井東孝会長、約250世帯)住民の悲願であった新しい公民館(岡町)が完成し、22日に喜びの落成式が執り行われた。

玄関前でテープカットをする関係者ら(岡町で)

※詳細は紙面で。



2018.04.25pickup02

グンゼスクエア

綾高イラスト部デザインの

バラまつり看板お目見え

5月19日から6月24日まで、青野町の「あやべグンゼスクエア」内にある「綾部バラ園」で開かれる「春のバラまつり」(綾部バラ会主催)をPRする看板がこのほど、同スクエア内駐車場付近に設置された。あやべ特産館からの依頼を受け、綾部高校イラスト部がデザインした。

今年初めて綾部高校イラスト部がデザインした「バラまつり」のPR看板(青野町で)

※詳細は紙面で。



2018.04.23pickup01

冊子や新聞で情報発信

コミナス 伝えるため工夫凝らす

コミナスAtoZ 26のキーワードで紹介
コミナス新聞 奥上林・西八田に配布へ

冊子や新聞で情報発信

冊子を持つコミナスの3人。左から佐藤さん、松村さん、鍋島さん

※詳細は紙面で。



2018.04.23pickup02

事故を風化させず
安全安心な鉄道を

JR西労組福知山分会

福知山線脱線事故から
13年を前に「慰霊の集い」

安全安心な鉄道を

犠牲者数と同数の107個の風船を大空に放つ参列者たち(青野町で)

※詳細は紙面で。



2018.04.20pickup01

着実に増加 教育民泊

東部地域で受け入れ家庭17件

「子らの声聞くと元気が出る」

西部地域への拡充めざす

地域コーディネーター配置へ

5月に台湾の高校生26人来綾

地域交流の催しも計画

国内外の小中、高校生が農村生活を体験する「教育民泊」(教育体験旅行)を本格的に受け入れるための態勢づくりが今、市東部地域(山家と口・中・奥上林地区)を中心に進んでいる。

昨年11月のモニターツアーで来綾した京都文教高校の生徒らを迎える住民ら(鷹栖町で)

※詳細は紙面で。



2018.04.20pickup02

黒谷和紙使い独創性に富む作品ずらり

グンゼ集蔵で22日まで作品展

石角勘次さん(90)=黒谷町=の卒寿記念

黒谷町の石角勘次さん(90)の卒寿を記念して知人らが企画した「石角勘次創作作品展」が20日から3日間、青野町のグンゼ博物苑・集蔵で開かれている。

会場内には多種多様な作品約200点が展示されている(青野町で)

※詳細は紙面で。



次のページ »