2018.03.07pickup01

展示機器2台を更新

市天文館パオ

平成7年のオープンから20年余りが経過した里町の市天文館・パオは、展示機器のうち2台をリニューアル

展示物の中で一番人気だった占いの機械を更新した「星占いと星座の世界」を試す小野社長(右)と山崎市長=里町で

※詳細は紙面で。



2018.03.07pickup02

サッカーW杯ロシア大会の日本代表へ

綾部FFC

応援フラッグ作成

「夢を力に2018」の一環で

6月のサッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会に臨む日本代表チームの応援フラッグ(旗)を作成する取り組みが3日、並松町の市民センターであった。少年サッカーチーム「綾部フリーゲンフースバルクラブ」(吉田誠代表、綾部FFC)の団員たちが参加したもので、一人ひとりメッセージを書き込みながら代表選手らの活躍を願った。

応援フラッグにメッセージを書き込む綾部FFCの団員たち(並松町で)

※詳細は紙面で。



2018.03.05pickup01

市民から寄せられた  
   お雛さまがズラリ

グンゼ博物苑でひなまつり

グンゼ博物苑でひなまつり

展示初日の2日には、せんだん苑こども園の園児たちも見学に訪れた(青野町で)

※詳細は紙面で



2018.03.05pickup02

春本番の陽気でにぎわう

采女稲荷で初午大祭

采女稲荷で初午大祭

氏子町区の関係者らが参列した祭礼(宮代町で)

※詳細は紙面で



2018.03.02pickup01

山家郷土歴史資料館

充実ぶり顕著に

2年間で寄託や寄贈が続々と

「山家歴史の会」の活発な活動で

元山家藩士の子孫から170点

今回の寄贈品はさくら祭りで公開

山家郷土歴史資料館(広瀬町の山家城址公園内・山家城址館2階)の収蔵品の充実ぶりは、この2年ほどの間に目を見張るものになってきた。背景にあるのは、地元の歴史ファンらでつくる「山家歴史の会」(有道大作会長)の存在。同資料館(山田幸比呂館長)と合同で進める史料調査や目録作りといった活発な活動が市民に知られ、山家藩ゆかりの人たちの信頼を勝ち得たことで、先祖伝来の家宝を寄付する人が相次いできたためだ。先日も山家藩の元上級武士の子孫から約170点の寄贈を受け、今春の「さくら祭り」で市民にお披露目する予定。同会では今後も管理の徹底と、見て分かりやすい展示方法に心を砕くことにしている。

新たに収蔵品となった具足や大刀などを見る山家歴史の会の会員ら(広瀬町で)

※詳細は紙面で。



2018.03.02pickup02

田野町出身の西岡華さん(92)

望郷の念こもる手紙添え

和紙人形写真集3冊届く

27年前、新潟市に移住

綾部の短歌会「礁」でも活動

「懐かしい綾部の皆様に私の和紙人形写真集を見て頂きたいのです」とあやべ市民新聞社にこのほど、新潟市の女性から宅配便で3冊の美しい写真集が送られてきた。27年前に綾部を離れた女性の名前は、知人を通じて私も覚えていた。綾部への望郷の念がこもった手紙と写真集を拝見し、何としても多くの読者にご覧頂きたいと紙面を割くことにした。  

あでやかな和紙人形が多数収められた写真集

※詳細は紙面で。



« 前のページ