2017.11.17pickup01

第10回記念 綾部もみじまつり

今年初開催 山家もみじまつり

今年は2倍楽しんで!

週末3日間は夜間ライトアップ

19日には連携イベントも

「地域資源の活用」という視点で市街地の「にぎわいづくり」を目指し、市民有志らが実行委員会(赤尾明俊委員長)を立ち上げて継続してきた「綾部もみじまつり」が今年、10回目の記念開催を迎える。一方、山家地区では「山家もみじまつり」(同地区自治会連合会=やまが元気プロジェクト委員会=主催)が初めて開かれることになり、両イベントの連携が実現。この週末の「もみじ狩り」は2倍楽しめそうだ。 

15日夜に試験的にライトアップされた大本神苑のモミジ(本宮町で)

※詳細は紙面で。



2017.11.17pickup02

君尾山の歴史と自然を

楽しみながら山歩きを

奥上林地域振興協議会

23日のトレッキング&歴史教室参加募る

真言宗醍醐寺派の君尾山光明寺(睦寄町、楳林誠雄住職)の歴史を学ぶとともに、自然豊かな奥上林の草木や野鳥の話をネイチャーガイドから聞きながら山歩きを楽しみませんか―。奥上林地域振興協議会(熊内久志会長)は今、23日に初開催する「君尾山紅葉トレッキング&光明寺歴史教室」の参加者を募集している。

光明寺の本堂。現在の建物は天保7年(1836)の再建=睦寄町で

 

※詳細は紙面で。



2017.11.15pickup01

綾部JC主催で登山イベント

四尾山新登山道が開通

四尾山(標高287・3㍍)の新登山道開通記念登山会「四尾山・寺山トレイルウオークwith天空のアートギャラリー」(綾部青年会議所=綾部JC主催)が12日、上野町の若宮神社駐車場を発着点として開かれ、市内外から参加した未就学児から80代までの約160人が、秋晴れの中で往復2時間程度の登山を満喫した。

若宮神社横の寺山登山道から出発する参加者ら(上野町で)

※詳細は紙面で。



2017.11.15pickup02

清山荘が新たに2つの取り組み

紅白歌合戦とパソコン教室

60歳以上対象に

里町の市老人福祉センター「清山荘」が、2つの新たな取り組みをする。一つは「清山荘・紅白歌合戦」と銘打ったカラオケ大会で、もう一つは初心者を対象としたパソコン教室。いずれも60歳以上の市民を対象としている。

「清山荘・紅白歌合戦」のチラシ

※詳細は紙面で。



2017.11.13pickup01

全国の老舗菓子店
「新庄小豆」を激賞

綾部で和菓子のセミナー

和菓子業界の匠ら 「新庄が一番いい」

課題は収量確保と若手加入

綾部で和菓子のセミナー

トップブランド「新庄大納言小豆」について語り合ったセミナー(味方町で)

※詳細は紙面で。



2017.11.13pickup02

綾高生とスイートポテト作り楽しむ

豊里小の2年生30人

つる挿しや収穫も体験

綾高生とスイートポテト作り

製造専攻の生徒らに手伝ってもらいながらスイートポテトを作る児童ら(川糸町で)

※詳細は紙面で。



2017.11.10pickup01

消防庁から新車両

市消防団

日頃の活動評価受け

市は今年度、救急資機材や小型動力ポンプなどを搭載した多機能車1台を総務省消防庁から無償で借りられることになり、7日には市に配備された車両が市消防団(白波瀬博之団長)へ引き渡された。

市消防団本部に配備された車両と装備品を確認する関係者ら(市役所で)

※詳細は紙面で。



2017.11.10pickup02

創業者の偉業 紙芝居に

博物苑で綾高生に披露

グンゼ社員が手作り

青野町に登記上の本店を置くグンゼは、創業者・波多野鶴吉と妻はなを描いた紙芝居を製作した。

綾高生に初めて披露された紙芝居(青野町で)

※詳細は紙面で。



2017.11.08pickup01

伝統の「建田の金刀比羅さん」

講元宅での大祭、今年で最後

今後は佃町に造る社殿で

過疎・高齢化でやむなく

今後1千年続けると誓った先祖の気持ちを大切にして江戸宝永年間(1704~1710)から口上林の武吉町、佃町、忠町の講員で守り継いできた「建田(たった)の金刀比羅講大祭」。ご神体や神具を講元の家に置いて3町の講員が輪番で1年間ずつ祭ってきたが、過疎化と高齢化で、これまでと同じように講元を務められる家を探すのが困難になり、309年間続いた講元の家での大祭がついに12日の「310年祭」で最後となる。

昨年11月から講元の大役を務めた森井さん(写真左端)と八木秀夫・忠町自治会長(右端)ら=同町で

※詳細は紙面で。



2017.11.08pickup02

教育体験旅行の受け入れ本格化

山家と上林で初のモニターツアー

京都文教高の生徒ら

野菜収穫など楽しむ

初日に入村式

綾部市内でも、国内外の小中、高校生が農家に宿泊しながら野菜収穫や自然観察などをする教育体験旅行の受け入れが本格的に動き出した。4、5の両日には山家と上林両地区で初のモニターツアーが行われ、京都文教高校(京都市左京区)の生徒が有意義な時間を過ごした。

生徒たちを温かく迎え入れた入村式(鷹栖町で)

※詳細は紙面で。



次のページ »