2016.11.30pickup01

中学生と市長が英語で一問一答

3回目の英語サミット

生徒の英語に対する関心・意欲を高めよう―と、中学生が英語で市長に質問したり、学校紹介をしたりする「市中学生英語サミット2016」が25日、里町の市中央公民館中央ホールで催された。

山崎市長(左手前)に質問をする中学生=里町で

※詳細は紙面で。



2016.11.30pickup02

綾高でリオ五輪選手が講演

自転車競技の與那嶺恵理さんら

スポーツ専攻の1~3年生聴講

リオ五輪の自転車競技に出場した與那嶺恵理さん(25)とコーチの武井きょうすけさんによる講演会がこのほど、岡町の綾部高校四尾山キャンパス(本校)で開かれた。  

講演する與那嶺さん(左)と武井さん=岡町で

※詳細は紙面で。



2016.11.28pickup01

電車に乗り、ウオーキングを!

12月18日、JR山家駅前を発着

やまが元気ウォーク

10㌔コース、定員100人

やまが元気ウォーク

「やまが元気ウォーク」のスタート・ゴール地点になるJR山家駅(上原町で)

※詳細は紙面で

 



2016.11.28pickup02

JR山陰本線沿線地域公共交通活性化協議会

最適な公共交通ネットワークとは

2回目の会合で中間案協議

JR山陰本線沿線地域公共交通活性化協議会

計画の中間案を協議した「JR山陰本線(園部~綾部)沿線地域公共交通活性化協議会」の2回目の会合(南丹市で)

※詳細は紙面で

 



2016.11.25pickup01

「豊葦原の国」の風景

綾部の秋は美しい。川辺に繁茂するヨシ(アシ)は「邪魔者」扱いされることが多いが、小春日和に輝くこの時期の姿だけは何とも美しい。日本書紀に日本は「豊葦原(とよあしはら)の国」と呼ばれるほど昔から身近な存在。

※詳細は紙面で。



2016.11.25pickup02

志賀郷町で「小さな拠点」試行

地元で気軽にお買い物

サロンで足湯サービスも

住民主体の取り組みによって、過疎、高齢化が進む地域で生活サービスや地域活動の場を集めた「小さな拠点」を形成し、集落の活性化を目指す活動に取り組んでいる志賀郷地区で17日と18日の2日間、小さな拠点事業が試行された。志賀郷町のJA京都にのくに何北支店の倉庫を拠点に利用し、マーケットや一服できるサロンを設けたほか、無料バスを運行。住民たちは市街地へ行かなくても買い物ができる利便性を確かめた。 

小さな拠点」には多くの住民らが訪れた(17日、志賀郷町で)

※詳細は紙面で。



2016.11.23pickup01

ぼたん鍋 冬の綾部の名物に

綾部料理旅館協議会 市民にふるまいPR

女将さんが初の「そろい踏み」

亀甲家 現長 小西屋 ふしみや 萬家 5軒

国が新たな「観光圏」として府北部7市町を「海の京都観光圏」に認定したことを受け、市内でも行政と民間が一体となった観光商品の開発を始めている。同観光圏の趣旨に賛同した同協議会では、老舗の伝統とブランドを最大限に生かして綾部の観光振興と経済活性化に貢献するため、「料理旅館のまち綾部」を旗印に活動を展開。まずはイノシシ料理を綾部の名物にするための取り組みを始めた。

綾部を代表する5軒の料理旅館の女将さんが初めてそろい踏みしてPRした(本宮町で)

※詳細は紙面で。



2016.11.23pickup02

井上界・寺脇理組が

史上初の5連覇を達成

市太鼓競技大会

本社後援

第52回「市太鼓競技大会」(市太鼓連合会主催、あやべ市民新聞社など後援)が20日、里町の府中丹文化会館で開かれ、小学校低学年から一般まで計45組が日頃の練習の成果を発表。最高賞の府知事賞には史上初の5連覇を達成した井上界さんと寺脇理さん(あやべ太鼓保存会)が輝いた。

館内に太鼓を音を響かせる一般部門の出場者(里町で)

※詳細は紙面で。



2016.11.21pickup01

(仮称)北部産業創造センター

駅北に30年度開業へ

府、市、グンゼ、工繊大4者が整備で合意

府北部企業の成長支援

共同研究開発、新産業創出…

(仮称)北部産業創造センター

共同記者会見で拠点施設の完成予想図を手にする(右から)山崎市長、山田知事、児玉社長、古山学長=21日午前9時45分、府庁記者会見室で

※詳細は紙面で。



2016.11.21pickup02

62年間 ありがとう

東綾中 校舎解体前に「お別れ式」

今年は学校見学に1千人

東綾中 校舎解体前に「お別れ式」

式典の最後に校歌を歌う出席者たち(東山町で)

 

※詳細は紙面で。



次のページ »