2016.03.18pickup01

信号つき立派な交差点に

高槻町 30年来の悲願実る

小中学生の通学路であり

交通量が多く見通し悪い

高槻町交差点

下校する小学生の横断を関係者らが見守った(16日、高槻町で)

※詳細は紙面で。



2016.03.18pickup02

FMいかる

音楽番組提供し4年8カ月

20日に最後の放送

宮城県亘理町のFM局で

閉局の24日、相互中継も

FMいかる

245回目の「音楽の小箱」を収録する真下さん(手前)と光枝さん=西町1丁目で

※詳細は紙面で。



2016.03.16pickup01

「鹿ケ谷スイーツ」商品化へ

綾部JC 綾高生らとセミナー

外部講師から手法を学ぶ

綾部青年会議所(綾部JC、高橋悦康理事長、31人)が今年、綾部高校や市内飲食店と協力して昨年考案した「鹿ケ谷かぼちゃ」のスイーツの商品化に向けて動き出している。10日にはJCのメンバーらが川糸町の同校由良川キャンパス(東分校)を訪れ、マーケティングのセミナーを開催。外部から講師を招き、高校生と一緒に商品化に向けた考え方やヒントを学んだ。

セミナーの終盤では高校生が登壇し、各グループで出た意見を発表した(川糸町で)

※詳細は紙面で。



2016.03.16pickup02

「花の力 人の心に」 テーマに花展

本社後援

池坊綾部支部

米寿2人の作品も

華道家元池坊綾部支部(梅垣知子支部長)は12と13の両日、綾中町のアスパAホールで「花の力 人の心に」をテーマにした花展(市・市教委・市文化協会・あやべ市民新聞社後援、池坊華道会協賛)を開いた。

華やかな雰囲気が漂った花展会場(綾中町で)

※詳細は紙面で。



2016.03.14pickup01

稚魚1万匹 旅立つ

綾部でサケ放流まつり

〝育ての親〟ら120人が参加

サケ放流まつり

稚魚を放流する参加者たち(青野町で)

※詳細は紙面で。



2016.03.14pickup02

恒例くす玉割りで卒業を祝い合う

八田中 三年生を送る会

3年生を送る会

くす玉を割って卒業を祝う3年生たち(梅迫町で)

※詳細は紙面で。



2016.03.11pickup01

東日本大震災から5年

東日本大震災から5年

「すがとよ酒店」から仕入れている酒と手紙を手にする村上さん(上八田町で)

平成23年3月11日、三陸沖を震源とするマグニチュード9・0の東日本大震災が発生して5年目。この間、被災地では様々な支援を受けながら、復興に向けた取り組みが進められている。綾部市内でも被災地の支援を継続している個人、団体も少なくない。大震災の記憶を風化させないために…。

※詳細は紙面で。

 



2016.03.11pickup02

ベルマークを寄託

綾部RAC 綾小PTAに

綾部RAC

ベルマークを手渡す左から山本委員長、佐藤会長、村上校長、荻野会長=上野町の綾部小校長室で

※詳細は紙面で。

 



2016.03.09pickup01

紫水ケ丘公園に河津桜212本植樹

由良産婦人科・小児科医院=本町1丁目=院長・由良源太郎さん(85)

先代の医院を受け継いで50年

感謝の気持ち込めて

綾部市街地を見下ろす景勝地の紫水ケ丘公園に新たに河津桜が植えられることになり、7日から苗木の植樹作業が始まった。本町1丁目の由良産婦人科・小児科医院の由良源太郎院長(85)が、初代院長の父親の後を継いで50周年を迎えるのを記念するとともに、地元・綾部への感謝の気持ちを込めて寄贈することにした。

植樹作業の開始を見守る由良院長(左から2人目)=味方町薬師前で

※詳細は紙面で。



2016.03.09pickup02

「算盤で人間力磨いて!」

27年度の珠算・暗算

優良生徒80人を表彰

全珠連府支部両丹連合会

公益社団法人全国珠算教育連盟府支部の平成27年度珠算・暗算優良生徒表彰式典が6日、里町の市中央公民館であり、綾部以北の両丹連合会(高橋稔会長)に所属する優良生徒ら約80人が保護者の前で府支部長らから盾や賞状を贈られた。

全珠連府支部代表者から表彰状などを手渡される生徒(里町で)

※詳細は紙面で。



« 前のページ次のページ »