2015.04.17pickup01

あやべ雑穀プロジェクト始動

八津合町の宮園ナオミさん中心に

綾部産のブランド化を

「いい生き方」発信したい

日本では縄文時代から食べられてきたという雑穀に注目し、綾部からその魅力を発信しようという「あやべ雑穀プロジェクト」が始動する。

雑穀の特長などと共に調理方法を説明する宮園さん(中央)=青野町で

※詳細は紙面で。



2015.04.17pickup02

楞厳寺で春の法要

ツツジ見物でツアー客も

舘町の真言宗楞厳寺(爲廣哲堂住職)で15日、恒例の春の法要が営まれた。「関西花の寺二十五カ所」の第2番札所として有名な同寺では、今年も山一面のミツバツツジがちょうど見頃。京阪神方面からのツアー客が観光バスに乗って次々と訪れ、法要や花見を楽しんだ。

多くのツアー客が見守る中で行われた法要(舘町で)

※詳細は紙面で。



2015.04.15pickup01

ウッドデッキで一服どうぞ !

カフェスペースが誕生

来場者の人気高まりそう

綾部ふれあい牧場 位田町

トイレ修繕は市が対応

綾部の観光スポットとして休日には特に市外から多くの来客がある位田町の綾部ふれあい牧場。ゴールデンウイークには延べ約2千人が訪れるという同牧場に今春、新たにウッドデッキのカフェスペースが誕生。牧場内の景色が一望できる場所であるため、これからの季節、来場者の人気が高まりそうだ。 

牧場の景色が一望できるウッドデッキのスペース(位田町で)

※詳細は紙面で。



2015.04.15pickup02

初めて外部講師招き

総会で講話を楽しむ

東本町自治会

東本町自治会(荻野義男会長)は、11日夜に本町3丁目の亀甲家で開いた平成26年度定期総会の中に今回初めて、外部講師による講話を盛り込んだ。地元出身者で市ボランティア観光ガイドの石原信明さんを招き、「綾部今昔」と題した話を聞かせてもらった。

石原さんの話に耳を傾ける自治会員たち(本町3丁目で)

※詳細は紙面で。



2015.04.13pickup01

四方氏が圧倒、再選

投票率は46・87%

市の府議選で過去最低

府議選市選挙区

府議選

再選を果たし、喜びがあふれた四方陣営(相生町で)

※詳細は紙面で。



2015.04.13pikup02

武大神社の再興80年祝う

上杉町の施福寺氏子 春季大祭で

宮司が母の長寿感謝し狛犬寄贈

自治会も横断幕掲げて

武大神社

除幕して狛犬を披露する婦人部の女性ら(上杉町で)

※詳細は紙面で。



2015.04.10pickup01

【取材の現場から

綾部へようこそ!志を持つ若者たち

府立農大校で入学式

綾部では高校を卒業すると進学希望者の多くが都会に旅立つ。いわゆる「進学過疎」と言われる所以(ゆえん)だ。ところが逆に、この時季に都会から綾部にやってくる若者もいる。それが綾部の誇る高等教育機関「府立農業大学校」への入学生だ。8日、位田町の同校で入学式が執り行われ、21人の若者がこの地で新たな生活をスタートした。

農業を志し入学した新入生たち(位田町で)

※詳細は紙面で。



2015.04.10pickup02

8日 綾部茶の萌芽宣言

平年より5日早く

府中丹東農業改良普及センターは8日、今年の綾部茶の萌芽宣言をした。

市内の茶園では、平年よりやや早いペースで新芽が生育している(豊里町で)

※詳細は紙面で。



2015.04.08pickup01

将来のため取り組み具体化

物部地区で4つの委員会が発足

ホームページ充実、イベント、

特産品づくり、松茸山の再生

「大花見会」は大盛況

物部地区自治会連合会(人見勝会長)が今年度から、物部の「将来」に向けた取り組みを具体化させる。

初舞台で元気な歌声を響かせる「ものべハーモニー」のメンバーら(物部町で)

※詳細は紙面で。



2015.04.08pickup02

市内初の「小・中一貫校」誕生

上林で開校式と入学式を行う

新1年生~9年生計52人

市内で初めての小中一貫校「上林小・中一貫校」(榊原正純校長)の開校式と入学式が8日、八津合町の同校体育館で行われ、32人の児童と20人の生徒たちが共同で学校生活をスタートさせた。

開校式で「気球に乗ってどこまでも」の合唱を披露する児童と生徒たち(8日午前9時45分ごろ)=八津合町で

※詳細は紙面で。



« 前のページ次のページ »