2014.12.15pickup01

2014.12.14衆院選 京都5区

圧勝の谷垣氏 12選

小原氏、山内氏届かず

市内投票率は56・26%

2014衆院選

谷垣氏当確の報を受け、綾部連絡事務所も万歳三唱して喜びに溢れた(14日午後9時過ぎ、相生町で)

14日に投・開票された第47回衆院選で、綾部を含む小選挙区の京都5区は自民党前職で同党幹事長を務める谷垣禎一氏(69)が圧倒的な強さで12選を果たした。民主党元職の小原舞氏(40)、共産党新顔の山内健氏(46)は及ばなかった。5区全体の投票率は55・54%で、前回から7・80のダウン。市内の投票率は56・26%で、7・42下がった。京都5区の選挙結果は別表の通り。

谷垣氏は市内でも小原氏、山内氏に大差をつける8827票を獲得。投票率が下がる中で1538票減らしたものの、得票率は54・63%を得た。一方、小原氏の市内票は4616票で前回より144票の減だが、得票率は28・57%で前回より3アップ。しかし、比例復活はならなかった。山内氏の市内票は2713票で、得票率は16・79%だった。

当選した谷垣氏本人は東京の党本部に詰める中、相生町に置かれた連絡事務所には関係者らが集結。投票が午後8時で締め切られ、直後にテレビで「谷垣氏当確」が伝えられると、「出た」の声とともに拍手が沸き起こった。

福知山市内の谷垣陣営事務所で当確を見届けた山崎善也市長と四方源太郎府議は同8時55分ごろに綾部に到着。すぐに「当選を祝う会」が始まった。

安藤和明・選対本部長が勝利宣言し、山崎市長が「(谷垣氏と)一緒になって綾部発展につなげたい」、四方府議が「すばらしい選挙をして頂いた」とそれぞれ喜びの言葉を述べ、全員で万歳三唱。温かい昆布茶で乾杯した。

※さらに詳しくは紙面で。

 

 



2014.12.15pickup02

しめ縄作りに取り組む

熊野新宮神社の総代や氏子ら

しめ縄作り

しめ縄作りに取り組む総代や氏子たち(並松町で)

※詳細は紙面で。

 

 



2014.12.12pickup01

クリスマスバス 上林線を走る!

あやバス 25日まで

23日にはイベントも

市は、あやバスの利用促進のため、上林線の中型車両(車番10―00)の車内にクリスマスの装飾を施し、25日まで運行している。10日には、飾られているリースや絵などを作った綾東幼児園の5歳児(22人)が乗車した。

サンタさんとクリスマスバスに乗り込む園児たち(青野町で)

※詳細は紙面で。



2014.12.12pickup02

上林中で英語学習会

中高連携で綾高教諭招き

八津合町の上林中学校(榊原正純校長、19人)で11日、綾部高校の教員による「英語学習会」が開かれ、3年生3人が入試対策の実践的な授業を受けた。

高校教諭から英語の入試対策を学ぶ生徒ら(八津合町で)

※詳細は紙面で。



2014.12.10pickup01

綾部の戦略拠点は東西2つ

府が推進会議で中間案を提示

「森の京都」プロジェクト基本構想

住民主体の取り組みが重要

子らの体験、交流もコンセプトに

府は今年度、「森の京都」プロジェクトの構想づくりに取り組んでいる。「森の京都」は、府が綾部市を含む府中部地域の関係7市町と連携して、森をテーマに地域振興を図るプロジェクト。府は来年度予算に反映させるため、来年1月下旬までに構想をまとめたい考え。8日には、構想の検討や策定などを行う「森の京都推進会議」の第2回会議が川糸町の府綾部総合庁舎で開かれ、たたき台となる中間案が府から提示された。 

会議の冒頭、森の京都構想のコンセプトを力説する岡西副知事(川糸町で)

※詳細は紙面で。



2014.12.10pickup02

今回は体を動かして楽しむ

レクリエーション・ゲーム

地域の子育て指導者研修会

小学生の放課後の居場所づくりに取り組む地域のリーダーや社会教育・学校教育関係者らを対象にした「地域の子育て指導者研修会」が9日、里町の市中央公民館で催された。

レクリエーション・ゲームを体験する参加者ら(里町で)

※詳細は紙面で。



2014.12.08pickup01

府内の観光ボランティアガイド

蚕都綾部の歴史学び研修

府内観光ボランティア

意見交換をする観光ボランティアガイドたち(青野町で)

※詳細は紙面で。

 

 



2014.12.08pickup02

軽トラが通れる山道に整備

NPO間伐材研究所が下替地の山林で

効率化と労力軽減に

林野庁の事業交付金を受けて

間伐材研究所

山林に軽トラックを乗り入れて、木の搬出作業を進めるメンバーたち(下替地町で)

※詳細は紙面で。

 

 



2014.12.05pickup01

とち餅加工で「匠」認定

水源の里・古屋の細見恵美子さん

睦寄町古屋で長年、とち餅などの加工に励む細見恵美子さん(84)が先月末、その技能の高さが認められ、府から「農の匠」として認定された。市内で認定を受けたのは4人目。細見さんは「古屋のみんなの代表として頂いた」と話し、仲間と一緒に喜ぶ。

「農の匠」に認定された細見さん(中央)と岩崎さん(左)、渡邉さん(右)=睦寄町で

※詳細は紙面で。

 



2014.12.05pickup02

「夢への地図」語り合う

東綾小の全校児童

鷹栖町の東綾小学校(木村茂校長、103人)で2日、児童らがお互いに将来の夢を発表し合う集会が開かれ、児童らは自身の夢やそれを達成するための道筋を記した「ドリームマップ」を掲げ、堂々と夢を語った。

それぞれの輪の中で、ドリームマップを掲げて将来の夢を発表する児童ら(鷹栖町で)

※詳細は紙面で。



« 前のページ次のページ »