2018.12.03pickup01

「安全・安心のまちづくり協定」締結

市と綾部署

治安上の新たな課題に備えて

「安全・安心のまちづくり協定」締結

サインをした協定書を公開する山崎市長(左)と大野署長。左端は「まゆピー」、右端は「ポリスまろん」=西町1丁目で

※詳細は紙面で



2018.12.03pickup02

災害に事前に備えろ

事業所の事業継続計画
策定へ体験型講座開く

11事業所の14人が参加

災害に事前に備えろ

BCPについて学ぶ参加者ら(西町1丁目で)

※詳細は紙面で



2018.11.30pickup01

ピカピカになったよ

3年がかりの改修工事完了

唯一の市立 物部保育園

工事業者ら招いて完成披露会

5歳児らが太鼓を演奏

市内唯一の市立保育園である物部保育園(物部町、谷口留美子園長、60人)で3年間にわたって続けられてきた改修工事がこのほど完成。28日には工事関係者や来賓を招いて園児たちが感謝の気持ちを伝える完成披露会が開かれた。

改修工事完成を祝い関係者を前にお遊戯を披露する4、5歳児ら(物部町で)

※詳細は紙面で。



2018.11.30pickup02

迎春用の寄せ植え作り

東分校園芸科の生徒ら実習

川糸町の綾部高校由良川キャンパス(東分校)で先週から、園芸科草花専攻の2、3年生14人が迎春用の寄せ植え製作実習に励んでいる。

松竹梅や石を配置した鉢に苔を敷き詰める生徒ら(川糸町で)

※詳細は紙面で。



2018.11.28pickup01

上林の歴史知ってほしい

上林小中一貫校

6年生3人がパンフレット制作

空想会社の事業で「上林ウォーカー」

上林小・中一貫校(八津合町、小林昌宏校長)の6年生がこのほど、上林の歴史を知るためのおすすめスポットをまとめたパンフレット「上林ウォーカー」を完成させ、多くの人に見てもらいたいと26日に八津合町の市観光センターを訪れ、設置を依頼した。

左から順に佐藤君、森君、水口君の3人が阪田副会長に上林ウォーカーを手渡した=八津合町で

※詳細は紙面で。

 



2018.11.28pickup02

堀内機械「エコりんピック」

廃材を利用したアイデア作品ズラリ

堀内機械(本社・大阪府堺市、堀内晋平社長)の「エコりんピック2018」と題した行事が23日、味方町の「京 綾部ホテル」で催され、社員たちが廃材を利用して制作したアイデア作品のコンテストなどが行われた。

ロビーには廃材を利用して制作された作品がズラリと展示された(味方町で)

※詳細は紙面で。



2018.11.26pickup01

戦火潜り抜け〝生存〟

行基作とされる「古佛 毘沙門天」

位田町の大社神社に古い木箱

宮当番の門さんが発見

行基作とされる「古佛 毘沙門天」

木箱の中に納められている焼け焦げた木像を見せる門さん(位田町で)

※詳細は紙面で



2018.11.26pickup02

びっくり箱のような
驚きのある空間に

高槻町の新川さん夫妻

築120年の自宅で
西洋の雑貨など展示

西洋の雑貨など展示

前栽に電飾が施された新川さん宅のエントランス(高槻町で)

※詳細は紙面で



2018.11.23pickup01

山家城址を国指定史跡に

市が調査事業開始

地元では8年前からコツコツ整備続ける

発掘調査も予定

天正10年(1582)の本能寺の変の直後、弱冠19歳で一族郎党を率いて山家に入った谷衛友によって築城された山家城。現在は山家城址公園(広瀬町)として市民に親しまれているが、近年まで竹や雑木がうっそうと生い茂っていた城址の北側が今、市民らの手によってきれいに整地されようとしている。今年度からは、この周辺を国指定史跡にするための調査事業を市が開始しており、地元住民でつくる「山家歴史の会」(有道大作会長)による活発な活動も相まって、にわかに注目が集まりつつある。 

竹の運び出し作業をするオムロン社員ら。左手の崖が石垣になっており空堀や土塁の跡もある(広瀬町で)

※詳細は紙面で。



2018.11.23pickup02

四尾山山頂にヤマザクラ

綾部JCが植樹イベント

子どもから70代まで68人参加

四尾山(標高287・3㍍)の山頂にヤマザクラを植樹する綾部青年会議所(綾部JC、四方章博理事長)の「四尾山アカデミア~サクラが繋(つな)ぐ人と自然~」と題した植樹イベントが17日に開かれ、子どもから70代までの市民ら69人の手によって、山頂に30本の苗木が植えられた。

1本目の苗木の植樹式を見守る子どもら(四尾山山頂で)

※詳細は紙面で。



« 前のページ次のページ »