0721saigoku-

認知度アップを狙って積極的な広報活動を模索している「綾部西国観音霊場会」(会長=中嶋暁道・高源寺住職)はこのほど、デザインを一般公募していたマスコットキャラクターを決定した。綾部市の鳥であるイカルに、同じく綾部市の花である梅があしらわれ、イカルが歩いて巡拝しているような動きがつけられている。同会では「様々な場面で活用していきたい」と、霊場会PRのより積極的な推進に役立てたい考えだ。

カテゴリー

コメント

コメントを受け付けておりません。