2018.11.21pickup01

大江山の石を一輪挿しに

大江砕石が新規事業

モリイの専務がアドバイス

岩の自然美を大切に

砕石場の輝緑岩を研磨

京都縦貫道「味夢の里」で販売へ

ターゲットはインバウンド

宮代町に本社を置く砕石製造販売などの大江砕石(牧野良三社長)は、自社採石場の岩を砕いた石を研磨加工して仕上げる一輪挿しの製造態勢を整えた。観光客向けの売り場も確保できそうで、企業間取引だけの事業形態から脱皮して一般消費者向けの新規事業を育てられるか注目される。 

大江山の石で造った一輪挿しを持つ牧野社長(左)と森井さん

※詳細は紙面で。

カテゴリー 記事

コメント

コメントを受け付けておりません。