2018.11.02pickup01

大病乗り越え入賞果たす

「国際ゴールドマスターズ奈良大会」で

市陸協の木下和浩さん(50)

100㍍障害で自己ベスト

市陸上競技協会財務部長の木下和浩さん(50)=本町7丁目=がこのほど、奈良県のならでんフィールドで開催された「2018国際ゴールドマスターズ奈良大会」(国際マスターズ競技連合主催)の100㍍障害(50~54歳の部)種目に出場し、自己ベストの15秒99のタイムで7位に入賞。昨年、大病を患い「陸上競技ができなくなるかも」というどん底の状況から、苦しいリハビリに励んで復活した。それだけに、今回の好成績とともに、陸上競技ができる喜びをかみしめている。 

今季挑んだ大会の賞状を見せる木下さん

※詳細は紙面で。

カテゴリー 記事

コメント

コメントを受け付けておりません。