2018.07.13pickup01

若い力 存分に発揮

八田中生がボランティア

中学生の若い力も災害復旧からの手助けになっている。何北中の生徒が11日に物部町下市へ駆け付けたのに続き、12日には八田中学校(木村茂校長、62人)の生徒32人と教員6人が被害の大きかった於与岐町見内へ入り、泥だしに汗を流した。見内自治会の相根稔会長(70)は「ありがたい。涙が出る」と喜んでいる。

民家敷地内から泥を搬出する生徒たち(於与岐町で)

※詳細は紙面で。

カテゴリー 記事

コメント

コメントを受け付けておりません。