2010.11.12pickup02

150人の観客を魅了

花形文化劇場が志賀郷町で公演

特設会場ならではのセットも

花形文化劇場

特設会場で熱演する花形文化劇場のメンバーら(志賀郷町で)

 演劇サークル「花形文化劇場」(塩見聡之代表)の第9回公演「藪(やぶ)の中~マーダー・ケース・イン・ブッシュ~」が7日、志賀郷町の特設会場で行われ、約150人の観客が目の前で繰り広げられる演劇を堪能した。

 公演は市制施行60周年記念事業の一つとして行われたもので、普段は車庫として使用されている築数十年の木造の建物に舞台を設営。舞台の背景は屋外となっており、そこに本物の竹で藪を再現するなど、特設会場ならではセットになった。

 会場は立ち見も出るほどの盛況で、観客らは、ほんの数メートル先で展開される芥川龍之介原作のシリアスな内容の演劇を食い入るように観賞していた。

 塩見代表によると、「会場の雰囲気と物語、セットがマッチしていて引き付けられた」と感想を話す人も多かったという。

カテゴリー 記事

コメント

コメントを受け付けておりません。