2018.05.28pickup01

連載 子どもの安全どう守る(上)

地区によっては形骸化

こども110番のいえ

市内の設置個所540カ所

防犯ボランティアは
高齢化で成り手不足

綾部地区は昨年度77カ所増

子どもの安全どう守る

登録した民家や事業所に掲示されている「子ども110番のいえ」のプレート

※詳細は紙面で。

カテゴリー 記事

コメント

コメントを受け付けておりません。