2018.02.02pickup01

綾部での普及にご協力を

移住者らで立ち上げた 株式会社「今しぼり」

主力商品は「昔ながらの醤油」

商品の取り扱いを呼びかけ

篠田町の民家を工場に改装して仕込み作業中

昔ながらの製造方法で作る醤油(しょうゆ)を商品化することで地域に新たな雇用を生み出し、若い子育て世代の収入源の一端を担えたら―との思いで志賀郷地区への移住者らが中心となって立ち上げた株式会社「今しぼり」(本社・篠田町、多田晃代表取締役)。商品開発や工場新設などの準備を着実に進め、この冬の仕込み作業も順調に推移して、いよいよ本格稼働が近づいてきた。今後の課題となるのは販路の拡大で、「商品の取り扱いをしてもらえる方があれば卸していきたい」と、まずは綾部での普及に向けた協力を呼びかけている。

昔ながらの製法で行われている仕込み作業(篠田町で)

※詳細は紙面で。

カテゴリー 記事

コメント

コメントを受け付けておりません。