2010.10.25pickup02

30、31日に初の作品展

綾部ミニ盆栽クラブがグンゼ集蔵で

本社後援

綾部ミニ盆栽クラブ

綾部ミニ盆栽クラブの会員ら(里町の市中央公民館で)=同クラブ提供

 「綾部ミニ盆栽クラブ」(瀬﨑祐次会長)は30と31の両日、青野町のグンゼ博物苑・集蔵で初めての作品展(府中丹文化事業団、あやべ市民新聞社など後援)を開く。

 同クラブは、中丹文化事業団主催の「中丹ふれあいアカデミー」の講座の一つとして平成19年度から3年間行われた「ミニ盆栽講座」を受講していた13人で結成した。

 現在、同講座の講師だった山本末成さん=向日市=のほか、古川全功さん=舞鶴市=の指導を受けながら毎月1回、里町の市中央公民館で寄せ植えなどを学んでいる。

 「趣味を同じくする者が今までやってきたことを多くの人に見てもらおう」(瀬﨑会長)と、会員らが育ててきたミニ盆栽などを集めた展示会を初めて開催することになった。

 展示会には各会員が3点を出品するほか、講師の作品も並べられる。また、会員の四方明さんの水墨画、上柿三千代さんのちぎり絵も会場に飾られる。

 開催時間は30日が午前10時~午後5時、31日が午前10時~午後3時。入場無料。

カテゴリー 記事

コメント

コメントを受け付けておりません。