2010.10.20pickup01

ツリークライミングも体験

「緑の少年団」中丹ブロック交流集会

緑の少年団

ツリークライミングを楽しむ子どもたち(鍛治屋町で)

 植樹や森林保全などの学習活動をしている「緑の少年団」の中丹ブロック交流集会が17日、鍛治屋町の市里山交流研修センターで開かれた。

 交流集会には、福知山市のガールスカウト福知山緑の少年団、川合小学校緑の少年団、綾部市の東八田小学校緑の少年団から合計15人が参加した。

 参加者らは2グループに分かれ、同センター周辺の里山に自生しているキノコや樹木を観察したり、専用のロープと器具を使った木登り「ツリークライミング」を体験した。

 ツリークライミングの指導をしたのは「口上林・里山楽しみ隊」(竹市直彦隊長)。参加した子どもたちは、竹市隊長に教わりながら、高さ20メートル以上ある木の枝にかけられたロープを器用に操り、ツリークライミングを楽しんだ。

 東八田小5年の西野風音さん=梅迫町=は「ロープの使い方が難しいけど楽しかった。チャンスがあったら、また挑戦したい」と、楽しそうにツリークライミングの感想を話していた。

カテゴリー 記事

コメント

コメントを受け付けておりません。