2017.07.07pickup01

NPOから社会福祉法人に

どんぐりの家

新たなスタート祝う

社会的責任と事業の公共性を考慮

民間〝宅老所〟として開設

24時間デイサービスのモデルにも

今月1日、NPO法人から社会福祉法人に変わった里町の介護事業所「どんぐりの家」(藤本浩子理事長)の新たなスタートを祝う催しが4日、どんぐりの家が同町内で運営する高齢者生活支援事業所「おこしやす」で催された。 

利用者の代表から花束を受ける藤本理事長(正面右)と片山さん(同2人目)=里町で

※詳細は紙面で。

カテゴリー 記事

コメント

コメントを受け付けておりません。