2017.06.23pickup01

ファミ・サポ・センター導入へ

子育て「おねがい」と「まかせて」結ぶ

せんだん苑南こども園隣に

7月1日から会員を募集

9月から運営開始目指す

保育時間外や放課後に子ども預かる

提供会員の不足が課題

講習実施、保険の加入も

子育てを「応援してほしい人(=おねがい会員)」と「応援したい人(=まかせて会員)」を結ぶ会員組織「ファミリー・サポート・センター(ファミ・サポ・センター)」が全国で普及する中、綾部市でも今年度から事業が始まる。市の委託を受けた社会福祉法人せんだん苑こども園(吉住一道理事長)は、昨年度まで放課後学級「ありんこくらぶ」に使用していた上野町のせんだん苑南こども園隣の建物を、センターの拠点として活用。7月1日から会員募集を開始し、9月からの運営開始を目指している。

ファミリー・サポート・センターの拠点となる旧「ありんこくらぶ」の建物(上野町で)

※詳細は紙面で。

カテゴリー 記事

コメント

コメントを受け付けておりません。