2010.9.27pickup02

「飲酒ゴーグル」体験も

秋の交通安全運動で高齢者を対象に教室

飲酒ゴーグル

「飲酒ゴーグル」を通して見た室内

 秋の全国交通安全運動期間中の24日、綾部署と綾部交通安全協会などは岡町の綾部自動車学校で高齢者を対象にした交通安全教室を開いた。

 参加したのは、綾部署が交通安全のモデル地区に指定している豊里地区の老人クラブ連合会の会員約30人。会員らは教習車を運転して教習所のコースを回り、教官から指導を受けたほか、救急救命講習も受けた。

 また、夜間に飲酒した感覚を疑似体験できる「飲酒ゴーグル」をかけて歩き、通常の状態と飲酒状態の違いを体験した。

 体験した人は障害物につまずくなどして、周囲からは「飲酒運転はやっぱり危ないなあ」などの声が上がっていた。

カテゴリー 記事

コメント

コメントを受け付けておりません。