2017.01.13pickup01

「平和のメロディー」どう思う?

綾部地区自治連が住民にアンケート

大半が低関心、起源「知らない」

市が上野町の藤山(通称・寺山)山頂から朝と夕に流している「平和のメロディー」について、「音が大きくて気になる」という地元住民がいたことから、綾部地区自治会連合会(安積將明会長)ではこのほど、加盟する41自治会の住民らに音曲の印象を尋ねるアンケート調査を実施。集約した意見を市に届けた。調査結果によると「音曲を変えてほしい」と望む声があるものの、ほとんどの人が平和のメロディーに関心が低く、その起源も知らないということが分かった。  

銀色の「平和の鐘」の上に造られている立方体の音響装置から毎日、朝と夕に「平和のメロディー」が流されている(平成27年1月1日撮影、上野町で)

※詳細は紙面で。

カテゴリー 記事

コメント

コメントを受け付けておりません。