2016.10.26pickup02

いこいの村まつり にぎわう

昭和57年に重度重複聴覚障害者入所施設として、全国で初めて開所した「いこいの村・栗の木寮」。今年で35年目を迎えたことを喜び合い、地域の人や関係者らとの交流を図る「いこいの村まつり」が23日、十倉名畑町にある施設一帯で盛大に催された。

式典でオープニング太鼓を披露した「あやべ太鼓保存会子供会」(十倉名畑町で)

※詳細は紙面で。

カテゴリー 記事

コメント

コメントを受け付けておりません。