2016.09.16pickup01

公共交通網の再構築を

JR園部―綾部間

計画策定へ協議会が初会合

山家の住民代表も委員に

JR山陰線の園部駅―綾部駅間の沿線地域で、鉄道にバス、タクシーなども加えた公共交通網をどのように形成するか―。綾部市、南丹市、船井郡京丹波町の3市町を、鉄道を基軸とする一つの計画圏としてとらえて公共交通網の再構築を考える協議会の初会合がこのほど、南丹市内で開かれた。駅の再生には駅への交通アクセスの向上が不可欠という視点に立ったもので、綾部からは山家駅再生を図る活動に取り組み始めている山家地区の住民代表も委員に加わっている。

「JR山陰本線(園部~綾部)沿線地域公共交通網形成計画」の初会合(南丹市で)

※詳細は紙面で。

 

カテゴリー 記事

コメント

コメントを受け付けておりません。