2016.06.08pickup01

田んぼの棒にヘビ?

篠営会 水田センサー試用

スマホで水管理

篠田町の田んぼ80枚を管理

自宅で状況把握

田んぼで田の中に刺した棒にヘビが巻き付いているような光景が篠田町で見られる。実はこれ、水田センサーシステム。多くの水田を持つ大規模農業者にとって水管理は大変な作業だが、田んぼへ水量や水温などを調べに行かなくてもスマートフォン(スマホ)やタブレット端末を使って情報が得られるというもの。

水田センサーの作動状況をチェックする相根代表取締役(右)=篠田町で

※詳細は紙面で。

カテゴリー 記事

コメント

コメントを受け付けておりません。