2016.03.09pickup01

紫水ケ丘公園に河津桜212本植樹

由良産婦人科・小児科医院=本町1丁目=院長・由良源太郎さん(85)

先代の医院を受け継いで50年

感謝の気持ち込めて

綾部市街地を見下ろす景勝地の紫水ケ丘公園に新たに河津桜が植えられることになり、7日から苗木の植樹作業が始まった。本町1丁目の由良産婦人科・小児科医院の由良源太郎院長(85)が、初代院長の父親の後を継いで50周年を迎えるのを記念するとともに、地元・綾部への感謝の気持ちを込めて寄贈することにした。

植樹作業の開始を見守る由良院長(左から2人目)=味方町薬師前で

※詳細は紙面で。

カテゴリー 記事

コメント

コメントを受け付けておりません。