2016.02.15pickup01

原発災害時の避難道を整備

府 平成28年度の当初予算案

トレッキングルート整備も

原子力防災対策事業費15億8501万円のうち、新たに原子力災害時の避難道路整備事業として、上林地域の住民の避難路となる小浜綾部線と、舞鶴市内の府道の2件で合わせて5千万円が予算化された。

「栃の木」の群生を生かしたトレッキングルートの整備が計画されている睦寄町古屋の山林

※詳細は紙面で。

カテゴリー 記事

コメント

コメントを受け付けておりません。