2016.01.13pickup01

豊西地区が重要里山に

環境省が昨年末に選定

府レッドデータブック

30日に最新版入門講座

綾部里山交流大学

講義と火山灰層の見学も

長い時間をかけ、人が自然に寄り添いながらつくり上げてきた「里山」。環境省はこの「日本の原風景」を次世代に残すべき自然環境として昨年末、全国500カ所を「生物多様性保全上重要な里地里山」(略称・重要里地里山)として選定。うち市内では豊里西地区が選ばれた。これに関連して綾部里山交流大学は30日、府が府内の貴重な自然を記載して昨年発行した「府レッドデータブック2015」を使った入門講座を計画。多くの参加を呼びかけている。

なだらかな丘陵地に里山、農地、集落が一体となった昔ながらの農村風景が残る豊里西地区(鍛治屋町で)

※詳細は紙面で。

カテゴリー 記事

コメント

コメントを受け付けておりません。