2015.12.02pickup02

外国人が和紙漉き体験

北近畿みらい 留学生ツアー行う

1月は綾部小を工繊大生が訪問

京都造形芸術大学の留学生や大学関係者、府国際課の職員など19人が11月28日、十倉名畑町の「黒谷和紙工芸の里」を訪れ、和紙漉(す)きを体験。緑土が睦寄町で経営する「あやべ山の家」で宿泊、ワークショップ(体験型講座)を行った。

「黒谷和紙工芸の里」で紙漉き体験をしたあと、職員らとの記念撮影をする9カ国の留学生や大学関係者ら(十倉名畑町で)

※詳細は紙面で

カテゴリー 記事

コメント

コメントを受け付けておりません。