2015.04.29pickup02

高校生28人が看護体験

市立病院 今年は年3回に拡充

医療関係者や患者とふれあい、看護に対する理解を深めてもらおう―と、青野町の市立病院(鴻巣寛院長)は25日、高校生らを対象とした「ふれあい看護体験」を催した。

手術室で人形を使っての模擬手術も体験した(青野町で)

※詳細は紙面で。

カテゴリー 記事

コメント

コメントを受け付けておりません。