2015.01.23pickup01

英国デュオのフィリップ&ハナ

上林小訪れ、児童らと共演

24日のコンサートを前に

英国デュオ、フィリップ&ハナ

法被を着て、児童らの和太鼓演奏に合わせて楽器を演奏するフィリップ(右)とハナ=八津合町で

八津合町の上林小学校(真下正寿校長、33人)に22日、初来日中のイギリス人フォークデュオ「フィリップ・ヘンリー&ハナ・マーティン」が来校し、全校児童や地域住民ら100人以上を観客として招いた音楽鑑賞会が開かれた。

二人は、英国放送協会・BBCラジオの「フォークアワード」で昨年、最優秀デュオに選ばれた注目のアーティスト。

今回、フィリップの知人でもある睦寄町の「あやべ吉水」の管理人・田中史明さんの依頼で初来日。24日には「あやべ吉水」で囲炉裏を囲んだコンサートを開催する。

また、田中さんが「地元の子どもたちにも世界レベルの音楽を聞かせたい」と上林小での音楽鑑賞会を企画したところ承諾が得られ、府教職員互助組合の「へき地公益事業」の補助金も活用して開催された。

この日、二人はギターを横に寝かせた形で奏でる「スライドギター」や弦楽器のバンジョー、ハーモニカ、バイオリンなどを駆使してオリジナル曲を披露。

「世界にひとつだけの花」「蛍の光」の楽曲では、児童らも前に出て合唱で共演。さらに児童らが演奏する和太鼓に合わせて、法被を着た二人が即興で加わる場面もあり、ハナは「日本の伝統音楽を学べてうれしい」と英語で喜びを語った。

最後は、児童らが事前に覚えた英語の歌詞も交えた「カントリーロード」の合唱もあり、観客から大きな拍手が送られた。

カテゴリー 記事

コメント

コメントを受け付けておりません。