2014.02.24pickup01

「綾部の伝説・民話」朗読CDを貸し出し

あやべボラセン

朗読CD

あやべボランティア総合センターはこのほど、市が平成24年3月に発行した冊子「綾部の伝説・民話」(A4判40㌻)に掲載されている18編の朗読を収録したCD=写真=の無料貸し出しを始めた。

このCDが作られるきっかけとなったのは、視覚障害者からの要望。「綾部の伝説・民話」に載っている話を「テープに録音してほしい」という声が寄せられことから、市は同センターに依頼。朗読・録音作業は朗読ボランティアサークル「ともしび」(堀口惠代表)が行った。

同センターは視覚障害者に限定せず、子どもから高齢者まで年代を問わず、多くの市民らに聴いてもらおうと、音源をダビングしたCDを一般に貸し出すことにした。貸し出しを開始するのに当たり、市教委や関係者らの承諾も得た。

貸し出すCDは5セットとカセットテープが5セットで、収録時間は116分。貸し出し期間は2週間以内。問い合わせは同センター(電話40・1388)へ。また、市図書館でもCDを1セット貸し出す。

カテゴリー 記事

コメント

コメントを受け付けておりません。