2014.02.19pickup02

10周年記念し演奏会

本社後援 混声合唱団コール・アマデウス

コールアマデウスの第5回演奏会が16日にアスパで開催され、200人を超える入場者があった。

第2部で「もりのくまさん」を歌うメンバーたち(綾中町で)

混声合唱団「コール・アマデウス」(伴仲裕至団長、12人)の第5回演奏会(市教委・エフエムあやべ・あやべ市民新聞社後援)が16日に綾中町のアスパAホール開かれた。

「数人の歌い手で古典の合唱曲を歌いたい」という呼びかけで活動を始めた同合唱団は、今年で「創立10周年」を迎えた。10周年記念も兼ねた今回の演奏会には、200人を超える来場者があり、会場は満席状態になった。

伴仲団長のあいさつに続き、宗教曲と「マドリガル」を主にした第1部でメンバーたちは、手島風生さんの指揮でハーモニーを会場に響かせた。また、同合唱団のOBらもステージに上がり、現在のメンバーらと一緒に〝懐かしい曲〟を発表した。

第2部の冒頭では、来場者とともに「もりのくまさん」を歌うコーナーも。このあと、「人生のメリーゴーランド」(ハウルの動く城)や「いつも何度でも」(千と千尋の神隠し)といった、スタジオジブリのアニメ映画の曲を披露した。

カテゴリー 記事

コメント

コメントを受け付けておりません。