2013.11.18pickup01

みろく殿 国の登録文化財に

構造、歴史、景観で評価

綾部大橋に続き2例目

みろく殿

綾部の街の優れた景観を形成する建物であることも評価された大本みろく殿(本宮町で)

 本宮町の大本梅松苑内にある「大本みろく殿」(所有者=宗教法人大本)が、国の登録有形文化財になることが確実となった。国の文化審議会が15日、下村博文文部科学大臣に答申。正式に決まれば、市内の登録有形文化財は、平成17年7月の綾部大橋に続き2例目となる。

 大本みろく殿は、鉄骨造の主構造を木造風に見せた桁行(けたゆき)50㍍を超す平屋建て(一部地階付き)の大建築物。建築面積は1895平方㍍。殿内は789畳敷の大空間。銅板葺きの屋根は昨年葺き替え工事が行われた。

 出口すみ子2代教主の発意で昭和28年4月に完成。平成4年に長生殿が完成するまでは梅松苑の中心神殿として使用。過去には有名歌手のコンサートや結婚式の会場などにも使われ、多くの市民に親しまれてきた。

(つづきは紙面で)

 

カテゴリー 記事

コメント

コメントを受け付けておりません。