2013.11.15pickup01

済木さんと森田さんに感謝状

市消防本部 救命協力者として

救命協力者に感謝状

荒木敏文・市消防長から感謝状を受ける済木さん。左端が森田さん(味方町で)

 先月30日夕に桜が丘1丁目の市道で発生した交通事故で、原付バイクを運転中に軽自動車と衝突し、けがを負った高校生に応急手当を施した2人に対し、市消防本部は14日、味方町の市消防署で感謝状を贈った。

 感謝状を受けたのは、市立病院看護師の済木佐知子さん(38)と建築業の森田晋さん(45)=いずれも桜が丘1丁目。

 事故発生後、現場に駆け付けた済木さんは負傷した高校生の意識がないなど容態を確認し、胸骨圧迫の処置を行った。市消防団中上林分団の予防部長である森田さんは普通救命講習などで学んだことを生かし、済木さんと交代で胸部圧迫を救急車が到着するまで行った。病院に搬送された高校生は一命を取りとめ、回復に向かっているという。

カテゴリー 記事

コメント

コメントを受け付けておりません。