2013.11.04pickup02

1200人出席し120周年式典

綾部高校 瀧本映画監督の記念講演も

綾高120周年①

約1200人が出席して開かれた記念式典(写真はいずれも岡町で)

 綾部高校(福井真介校長)の創立120周年記念式典が2日、岡町の本校第1体育館で全校生徒と教職員、府や市の関係者、歴代校長、元教職員、同窓会役員ら来賓など合わせて約1200人が出席して開かれた。

 国歌と校歌の斉唱に続き、福井校長は「来年度から府立高校初の特進コースが普通科に新設される。これを契機に綾部市で唯一の高校という自覚も新たに本校と東分校の力を結集し、バランスの取れた人材の育成に向けて力強い一歩を踏み出したい」と式辞を述べた。

 同校同窓会の四方八洲男会長のあいさつに続き、来賓の金谷浩志・府中丹広域振興局長(知事代理)と小田垣勉・府教育長、山崎善也市長が祝辞を述べた。

 式典の最後に生徒代表の荒賀雄太・生徒会長は、「(社会情勢や高校の学科・コースの改編などに伴う)激変が今、本校に襲っている。それに対応するため、私たちが新たな伝統を作るべきと切実に感じている。文武両道の綾高を作っていくことが私たちの使命だと考えている」と力強く語った。(つづきは紙面で)

カテゴリー 記事

コメント

コメントを受け付けておりません。