2013.10.30pickup01

東海ゴム工業 綾部へ立地

府工業団地のトステム跡地に

子会社を設立 操業は来秋

とよさか町の府綾部工業団地内のトステム工場跡地に東海ゴム工業が産業用ホース製造の新会社を設立すると発表された。

平成22年3月末から閉鎖の状態だったトステムの綾部工場跡地(とよさか町で)

 平成22年3月末に閉鎖された、とよさか町の府綾部工業団地内のトステム(現リクシル)の綾部工場跡地に東海ゴム工業(本社・愛知県小牧市、西村義明代表取締役社長)が産業用ホース製造の新会社を設立することが29日、発表された。

 同社は、防振ゴム・ホースなど自動車用やIT関連の部品や、各種産業資材を製造、販売している。国内に生産3拠点、支社・支店・営業所5拠点、グループ会社15社を設けているほか、アジアや欧州にもグループ会社がある。従業員数は1万8035人(連結、平成25年3月末現在)。売上高は2637億2500万円(平成25年3月期連結決算)。

 同社グループの産業用ホース事業は、これまで国内2カ所で行ってきた。しかし製造設備の老朽化などに伴い、リクセルから購入した綾部工場跡地(敷地約13万平方㍍、建屋約7万1千平方㍍)を、産業用ホースの新たな国内の生産拠点として周約を図ることになった。初期投資額は29億円。

 同社の100%出資の新会社「TRIホース製造(仮称)」の設立は来年1月で、秋からの操業を予定している。平成29年度計画で従業員数を約160人、51億円の売上を計画している。

 同社の綾部への工場立地について、山田啓二知事は「地域経済にとって厳しい状況が続く中での明るい話題として、地元・綾部市を始め、京都府民にとってもたいへん勇気づけられる。とりわけ府中北部地域における新たな雇用創出はもとより、府全体の経済発展にも大きく寄与するものと期待している」とコメント。

 山崎善也市長は「東海ゴム工業は昭和4年の創業以来、国内トップシェアの自動車用部品、産業用部品メーカーとしてグローバルに事業展開されている世界的企業。今回の立地決定は、綾部市への産業立地に大きな弾みがつくものであり、新たな雇用創出と今後の地域経済の活性化、経済振興に大きく寄与して頂けると確信し、心から歓迎する」とコメントを出した。

カテゴリー 記事

コメント

コメントを受け付けておりません。