2013.09.18pickup02

自宅にいて温泉気分

鍛治屋町の高倉すがのさん

市社協の訪問入浴サービスで

市社協の訪問入浴サービスで鍛冶屋町の高倉すがのさんが自宅で温泉気分を味わった

あやべ温泉のお湯を使ったサービスを受ける高倉さん(鍛治屋町で)

 鍛治屋町の高倉すがのさん(98)が17日、訪問入浴サービスであやべ温泉のお湯につかり、自宅に居て温泉気分を味わった。

 市社会福祉協議会(福山保孝会長)は9月の「敬老月間」の取り組みの一つとして、第3セクター会社「緑土」の協力を得て、あやべ温泉のお湯を使った入浴サービスを3年前から始めた。

 市社協は今年、3人に温泉入浴を楽しんでもらうことを計画。しかし、台風18号の接近に伴い、16日に予定していた男性の入浴が中止になった。

 高倉さんは現在、訪問看護のほか、5年前から訪問入浴サービスを週2回利用している。家族によると、高倉さんは温泉が好きで、あやべ温泉にも何度か訪れたこともあったという。

 この日、室内に移動式の浴槽が置かれ、入浴車で運ばれたお湯が注がれた。温泉につかった高倉さんに市社協職員が「気持ちがいいですか?」と声を掛けると、高倉さんは目を閉じてうなずいていた。 

カテゴリー 記事

コメント

コメントを受け付けておりません。