2013.08.19pickup02

今年の火文字は「祈 世界平和」

向田観音まつりの協賛行事で

南三陸町の中学生も見学

向田観音まつり

暗闇に浮かび上がった火文字(向田町で)

 向田町にある長福寺の例祭「向田観音まつり」が行われた17日夜、同まつりの協賛行事となる火文字が今年も奉灯された。

 延長約1・4㌔の田んぼの法面に灯油を入れた空き缶約1千個を並べ、火を灯(とも)して仕上げる火文字の奉灯は今年で19回目。

 午後7時半前の花火を合図に、住民らが手分けして昼間に配置しておいた空き缶に火をつけて回った。「奉灯 向田かんのん」の文字は例年と同じだが、毎年変えている部分では今年、「祈 世界平和」の火文字が出来上がった。

 この日、東日本大震災の被災地・宮城県南三陸町の中学生約60人が京都生協の「海の虹プロジェクト」で来綾。中学生たちは志賀郷地区での体験・交流活動のあと、火文字も見学した。

カテゴリー 記事

コメント

コメントを受け付けておりません。