2013.05.20pickup01

山ブキの集荷スタート

緑土が製造・販売の佃煮の原料に

21、26日にも集荷

山ブキの集荷

「ふるさと味あやべ工房」に集められた山ブキ(16日、睦寄町で)

 第3セクター会社「緑土」(平方昌也社長)が製造・販売している佃煮の原料となる山ブキの集荷が、16日から睦寄町の食品加工施設「ふるさと味あやべ工房」で始まった。初日は地元の住民らから前年並みの約230㌔の山ぶきが持ち込まれた。

 同社は綾部の新たな特産品として「山ぶき」と「山ぶき昆布」2種類の佃煮を開発し、平成19年から商品化した。同社は毎年この時期、中・奥上林地区を中心にした綾部市内で採れた山ブキを買い取っている。

 今年は5月に入ってからも気温が低かったため、集荷日を例年より数日遅らせた。初日は当初、出足が鈍ったものの、住民らが次々と来場。運び込まれた山ブキは水で洗ったあと、長さ4㌢ほどに切られ、樽(たる)に塩漬けされた。

 佃煮の製造を担当している渡邉和重さんは「最近は山ブキを鹿が食べるため、集めるのが大変になっている。この佃煮は地元のみなさんの協力がないと、成り立たない」と話していた。今年の集荷量の目標は2㌧。

 同施設での集荷は21日と26日にも行われる。受付時間は午前9時から正午まで。

カテゴリー 記事

コメント

コメントを受け付けておりません。