2012.11.19pickup02

25日に市中央公民館で

両丹地方史研究発表大会

平成24年度「両丹地方史研究発表大会」が25日、里町の市中央公民館視聴覚室で開かれる。綾部史談会(川端二三三郎会長)は市民の参加も歓迎している。

大会は午前10時に開会。午前中は福知山史談会の西村正芳さんが「明智光秀と福知山城」、舞鶴地方史研究会の加藤晃さんが「細川幽斉と香道」をテーマに研究発表する。昼食後、午後0時40分からは綾部史談会の塩尻千賀良さんが「幕末・維新時の助郷負担」について発表する。

入場無料。

 

カテゴリー 記事

コメント

コメントを受け付けておりません。