2012.10.24pickup02

子どもらが「文化力」アピール

由良川元気サミット&府立学校文化祭

舞台や展示で多彩に

由良川元気サミット

綾部小の6年生は「杵の宮伝説」を題材にした劇を披露した(里町で)

中丹地域の児童・生徒が「文化力」をアピールする「由良川元気サミット&中丹府立学校文化祭」(府高等学校芸術文化連盟など主催)が21日、里町の府中丹文化会館で盛大に催された。

大まかに分けて、合唱や演奏、劇、学習発表などを行う舞台部門▽書道と茶道のアトラクション▽美術や書道などの作品の展示部門―の3つが同時に行われた。

舞台部門には今年、綾部市内からは志賀と綾部、東八田の3小学校と八田中学校、綾部高校が参加。うち、綾部小学校の6年生たちは、校区内に伝わる民話「杵(きね)の宮伝説」を劇にした。

綾部の方言を取り入れた語りと、衣装をまとっての熱演を大舞台で披露。子どもたちの頑張りに会場からは大きな拍手が送られた。

カテゴリー 記事

コメント

コメントを受け付けておりません。