2012.10.22pickup01

地震でビルが損壊したら?!

市消防本部が都市型救助訓練

都市型救助訓練

ロープを使ってビルから人を救助する訓練に励む消防職員たち(味方町で)

市消防本部は19日、味方町の市消防署で地震で一部倒壊したビルの3階から人を救出する「都市型救助訓練」に取り組んだ。

複雑多様化する救助現場で安全・確実かつ迅速に救助活動が出来るようにと、今回の訓練には高所作業資機材や登山用のロープなどが用いられた。

訓練は、ビルの一部倒壊によって屋内の階段が使えないうえ、ビルの周囲に瓦礫(がれき)が散乱しているため、3階から垂直に救出することも無理という想定で行われた。

3階からロープを使って要救助者を救出する際は、傾斜を付けて地上の安全な場所に下ろすなど、地震災害現場での救助法の技術を身に付けていた。

※記事を抜粋。全文は本紙で。

カテゴリー 記事

コメント

コメントを受け付けておりません。