2012.03.23pickup02

「成年後見制度」を学ぶ

市社協が研修会

神田織音さんの講談通して

成年後見制度

「成年後見制度」を題材に講談をする神田さん(西町1丁目で)

市社会福祉協議会(福山保孝会長)はこのほど、西町1丁目のI・Tビルで「成年後見制度」をテーマにした研修会を開いた。認知症や知的・精神障害などで判断能力が低下している人の財産と権利を守る同制度について、プロの講談師が分かりやすく解説した。

一人暮らしの高齢者らが悪質な訪問販売業者によって高額な商品などを購入させられる被害が絶えない。また、今年1月以降は府北部で振り込め詐欺の被害が多発している。

判断能力に不安がある人の財産と権利を守るため、市社協は高齢者らからの相談に応じ、助言や情報提供する「福祉サービス利用援助事業」を始めた。同事業では有料で日常的な金銭管理や、印鑑や通帳などの預かりも行っている。

今後、更に後見が必要となる人が増えることが見込まれるため、市社協は成年後見制度で法人として後見人を受任できるように定款を変更するなど、態勢を整えた。

※記事を抜粋。全文は本紙で。

カテゴリー 記事

コメント

コメントを受け付けておりません。