2012.01.30pickup01

向田町の眞福寺で

小雪舞う中「脳天さん」

脳天大神の大祭

護摩木をくべる篠峰講の講員ら(向田町で)

「頭の神様」として崇められている脳天大神の大祭(篠峰講主催)が29日、向田町の曹洞宗眞福寺であり、小雪が舞う中、境内は多くの参拝者でにぎわった。

脳天大神(龍王院)は奈良県吉野町の金峯山寺の塔頭(たっちゅう)の一つ。眞福寺には昭和50年から分霊が祭られている。脳天大神は頭の病気に霊験があらたかとされ、脳の手術を無事終えたお礼に参拝する人もあるという。

この日、式典前に篠峰講の松下頼男講元は、「昨年は天変地異が多い痛ましい年だった。今年こそ安心、安全で希望が持てる年でありたいと念じておられると思う。どうぞみなさま方の決意とお祈りを護摩木に託してお参り頂き、ご加護を授かってほしい」とあいさつした。

講員たちが般若心経を読経する中、大槻雅久住職が経文を読み上げたあと、火がつけられた護摩壇に護摩木が次々とくべられ、家内安全や交通安全、進学などが祈願された。

カテゴリー 記事

コメント

コメントを受け付けておりません。