2011.12.21pickup01

Aカード会に奨励賞

今年度の「永井賞」決まる

市永井産業振興基金審議会(山下信幸委員長、9人)はこのほど、市が同基金の顕彰事業として募集した平成23年度「永井賞」の選考を行い、Aカード会(平野正明会長)に永井奨励賞(賞金30万円)を贈ることを決めた。今回の応募は同会だけだった。授賞式は来年2月の予定。

市内の小売業者などで組織するAカード会は、平成10年に発足。加盟店で買い物をすると100円につき1ポイントがカードに印字され、500ポイント集まると「満点カード」となり、金券として利用できるほか、各種イベントの参加券として活用している。現在の加盟店は62。

昨年7月には、同会加盟店だけで使用できる「プレミアム商品券」を発行。また、同会の活性化委員会は魅力ある店舗づくりを目指し、加盟店に参加を呼びかけて研修会を行うなどの取り組みもしている。

また、同会は24日まで「歳末感謝セール」を実施している。期間中、満点カードで買い物をすると、カード1枚につき応募券1枚を加盟店で配布。応募すると、19型液晶ハイビジョンテレビや石油ストーブ、ビール、数の子、鏡餅などの賞品を抽選で総数270人にプレゼントする。

公開抽選会は26日で、午後0時15分からFMいかるで生放送される。

カテゴリー 記事

コメント

コメントを受け付けておりません。