2011.11.11pickup02

予告なしの避難訓練を

中丹地区学校安全研究協議会開く

中丹地区学校安全研究協議会

中丹地区の小中学校などの教頭ら約100人が参加した(川糸町で)

川糸町の府総合教育センター北部研修所で7日、今年度の「中丹地区学校安全研究協議会」(府教育委員会主催)が行われた。3月11日に発生した東日本大震災を踏まえ、出席した学校関係者らは災害安全教育の充実について考え合った。

この日は、中丹管内にある小中学校や高校などの教頭や副校長ら約100人が参加。府の府民生活部危機管理・防災課などの職員らが講義した。

講義では、日頃から地域の特性(浸水想定区域など)を知っておくことが大切だとした。また、通常の避難訓練だけでなく、予告なしの緊急訓練や机上訓練(教諭らによるシミュレーション)など、より具体的で幅広い工夫を講じる必要を説いた。

カテゴリー 記事

コメント

コメントを受け付けておりません。