2011.10.14pickup02

PR方法の具体化検討へ

市が「情報発信戦略会議」を踏まえ

情報発信戦略会議

市役所第1委員会室で開かれた「情報発信戦略会議」の3回目の会合

綾部の魅力を市外へ更にアピールする方策を検討する「情報発信戦略会議」の3回目の会合が12日、市役所第1委員会室で開かれた。市は今後、同会議で出された意見や提案を踏まえ、「ゆるキャラ」の策定などの具体的な取り組みを検討していく。

同会議は、国際教育交流コーディネーターの安藤恵子さんと半農半X研究所代表の塩見直紀さん、自然堂代表取締役の竹市直彦さん、エフエムあやべの真下加奈子さんの外部委員4人と、荒木敏文・企画部長ら市職員14人の計18人で構成。4月26日と6月1日の2回開いた会合での意見などを集約し、今回の会合では戦略の方向性が報告された。

発信する情報のコンセプトとして「豊かな里山・田園」「平和と歴史・文化に彩られた市街地」「ものづくりの拠点・伝統」の3点が示されたほか、発信対象や発信手段、情報の内容、人材の整備などについて説明された。

外部委員からは、「民間の旅行代理店にも情報提供し、一緒に企画を考えたらどうか」「地元のみなさんが気付いていない〝宝〟を掘り起こし、更に魅力あるものに『立体化』させることが大切」「綾部に『住んでよかった』という市民の声をまとめて発信すべき」といった意見もあった。

カテゴリー 記事

コメント

コメントを受け付けておりません。