2010.3.26pickup02

市消防団に軽の積載車3台

東八田、奥上林、志賀郷各分団に配置

消防配置式

導入された軽車両の積載車

 市は、市消防団に軽車両の小型動力ポンプ付き積載車3台を新たに貸与する。その引き渡し式と市消防団による配置式が24日、上野町の大本長生殿前で行われた。

 市が市消防団に貸与している積載車はこれまで5人乗りの普通トラックがメーンだったが、これでは狭い道などに進入できないこともあり、新たに軽車両の積載車を配備することにした。

 車両はスバルサンバーを改造したもので、4人乗りの四輪駆動車。装備は普通トラックと同じだが、新たにチェーンソー、AED(自動体外式除細動器)、救急セットが備えられた。

 この3台は東八田分団第4部(於与岐町)、奥上林分団第3部(老富町)、志賀郷分団第3部2班(西方町)に配置される。事業費は3台で約1100万円。

 配置式で市消防団の出口則明団長は「新たな消防車両が貸与されたことはありがたい。市民の安全・安心を守るため大切に使っていきたい」と述べた。

カテゴリー 記事

コメント

コメントを受け付けておりません。